カッティング用カラーシートの激安販売専門店|CUTTING SHEET

signcityお気軽にお問い合せください。052-265-7519
看板・資材購入はこちら
お支払いについて
代金引換・銀行振込
プライバシーポリシー
たいせつにしますプライバシー19000770(02)
サインシティスタッフ集合写真
NET最安値 ブランドラインナップ 装飾シート スリット加工
中川ケミカル
WELCOME!

カッティングシート専門店では、シートの材料販売はもちろん、付随するオプション品やリタックシート・装飾シートまで幅広く取り扱っています。また販売のみに留まらず、切り文字製作なども行っています。
企業様での用途から、DIYなどで一般家庭のお客様にもご使用頂ける豊富なカラー・ブランド・サイズをご用意しています。 アイディア次第で様々な用途にご使用頂けるカッティングシート。
是非弊社サイトをご活用下さい!

PICKUP!

カス取りしやすい!青セパレーター
白色シートでも見やすい、青色セパレーターを採用。
カス取りの効率アップ!
オリジナル色見本帳プレゼント
サインシティオリジナル色見本帳を無料配布しております。
ぜひお問い合わせ下さい。
デコレーションシール
お手軽にチョークアート風に看板を作れるデコレーションシールのご紹介。

カッティング用カラーシート専門店とは?

カッティング用カラーシート専門店とは?

カッティング用カラーシート専門店では、ロゴステッカーや痛車ステッカーのホビー用途から、 サイン、内装業者などのプロユーザーまで、幅広いラインナップのシート材料を激安価格で販売しております。

文字やイラストのステッカーを作るための通常のマーキングフィルムはもちろん、内装リフォームやカーラッピングに使用する、木目シートやカーボンシートなどの 建材・化粧フィルム。反射シートやホログラムなどの特殊シート。さらにはスキージ、カッター、カッティングマットなど、カッティング用カラーシートの製作や施工に役立つ便利グッズまで、 豊富な品ぞろえで皆様のご要望にお応えいたします。

他にもカッティング用カラーシートの作り方や貼り方など、カッティング用カラーシートを使いこなすためのお役立ち情報も掲載。 ぜひオリジナルステッカー作りや住宅リフォーム、愛車のドレスアップにチャレンジしてみて下さい!

カッティング用カラーシートについて

カッティング用カラーシートについて

一般的に「カッティングシート」と呼ばれることが多いですが、実は「カッティングシート」は株式会社中川ケミカルの登録商標です。

総称としては「マーキングフィルム」が正しく、その中のブランドのひとつが「カッティングシート」というのが正解です!

単にマーキングフィルム(カッティングシート)と言っても市場には膨大な種類があるため、用途に応じて選ぶ必要があります。使われる場所も様々で、窓ガラスへの貼付・看板への使用など企業様向け用途、最近ではDIYの流行で、一般家庭の方からもニーズの高いアイテムとなっています。このように、使う場所(屋外or屋内など)によっても選ぶ必要があるので注意が必要です。

当サイトでは、中川ケミカルのカッティングシート・東洋インキのダイナカル・リンテックサインシステムのタックペイントNBSシリーズ・ドイツのオーカル社が製造するオーカル、モウカルをメインに取り扱っています。

加えて、マーキングフィルム(カッティングシート)を貼る際に使用するリタックシート(アプリケーション)をご紹介しています。 それぞれの品質の違いについては、当サイトのカッティング用カラーシートブランド別詳細ページをご覧ください。マーキングフィルム(カッティングシート)に関するご質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい。

耐候性について

カッティング用カラーシート専門店では、ロゴステッカーや痛車ステッカーのホビー用途から、 サイン、内装業者などのプロユーザーまで、幅広いラインナップのシート材料を激安価格で販売しております。

文字やイラストのステッカーを作るための通常のマーキングフィルムはもちろん、内装リフォームやカーラッピングに使用する、木目シートやカーボンシートなどの 「建材・化粧フィルム」、反射シートやホログラムなどの「特殊シート」、さらにはスキージ、カッター、カッティングマットなど、カッティング用カラーシートの製作や施工に役立つ便利グッズまで、 豊富な品ぞろえで皆様のご要望にお応えいたします。

他にもカッティング用カラーシートの作り方や貼り方など、カッティング用カラーシートを使いこなすためのお役立ち情報も掲載。

ぜひオリジナルステッカー作りや住宅リフォーム、愛車のドレスアップにチャレンジしてみて下さい!

カッティング用カラーシートの作成とサイズについて

カッティング用カラーシートの作成とサイズについて

シートをカットする際、デザインナイフやカッターなどで手切りすることもできますが、細かいカットは難しく、技術力と時間を要します。

そこで現在使われているのが左にもあるプロッターというカットマシーンです。
このプロッターを使うことによって、ラインデータに沿って自動でカットすることができます。だいたい1000mm~1300mm幅をカットできるプロッターが多く、看板業界を中心に広く使われています。

ただ、個人 で購入するには高すぎる上に、1000mm幅以上のシートをカットするのはまれです。 そこで登場したのが、一般の方や店舗様向けの幅が狭いプロッターです。
STIKA(ステカ)、CraftROBO(クラフトロボ)という小型のプロッターが販売されており、最近では車両マーキングの製作等に使われる方も多いようです。

この小型のプロッターは主に200mm~500mm程度のカッティング用カラーシートをカットすることができます。ちょっとしたネームプレートやPOP等を作成する際も、マジック等で描くよりも色がしっかりし、見栄えする物が作成できます。

当サイトでは、STIKA(ステカ)、CraftROBO(クラフトロボ)に合わせたシートも販売しております。

切り抜いた後は、使用しない部分を取り除き、リタックシート(アプリケーションともいいます)を使って転写します。リタックとは、切りぬいた文字をバランスを崩さずに貼り付けることができる転写用シートです。
小さい物であれば、誰でも簡単に貼ることができます。
是非一度お試しください!

特殊なシートについて

カッティング用カラーシートには、上記で紹介した製品以外にも、様々な種類があります。
建築、内装関係で広く使われている化粧・装飾用、テント生地に直接貼ることができるテント用、夜間に電気が当たると光を反射し発色する反射シート、避難経路の表示等にも使われる蓄光シート、アイロンプリント用の熱転写シート、ホログラムが光るキラキラシート。このように様々なシートが存在します。

その中でも建材・化粧シートは模様の種類が独特で多彩です。 木目、メタリック、レザー、和風、レンガ、カーボン、ここでは紹介しきれないほどの商品数をほこります。

上記のような装飾用シートは、ダイノック、パロア、リアテック、ベルビアン等のブランド名で親しまれており、種類も豊富です。 装飾用シートは、リフォーム等を自分でしたい!という方にもおすすめのシートとなっております。
詳しくは「カッティングシート専門店」をご覧ください。